術後の食事として|ホルモンバランスが不調に関係する|更年期障害の症状を知る

ホルモンバランスが不調に関係する|更年期障害の症状を知る

術後の食事として

お腹を触る男性

消化に良いものを意識する

すい臓がんの手術を行った後は、食事に気を付ける必要があります。すい臓では食物を消化するために用いる消化酵素が生成されていますが、手術後は生成量が減少したり生成自体がなくなることがあるので、消化に良い食事をすることで体への負担を軽減することができます。どんな時でも食事は栄養バランスが整っていることが大事ですが、すい臓がんの手術後など時と場合により摂取してはならない飲食物もあります。治療の一環として食事に気を付ける際は、栄養士や医師に相談をして自分に合った食事を教えてもらうと良いと思います。また、すい臓がんの治療が終わって症状が落ち着いてきたとしても体調管理や健康管理は必要不可欠なものとなります。栄養士からのアドバイスを参考に日頃から食事に気を付けることで、すい臓がんなどの病気になるリスクを下げることにもつながります。

適度な量で咀嚼を使う

食事の際は、食べる物・食べ方・食べる量に気を付ける必要があります。食べる物は消化・脂肪分・刺激性に気を付けることが大事です。消化しにくい食べ物は食物繊維が多い食べ物で、食物繊維は体に良いといわれていますが水溶性と不溶性があり、不溶性は消化が大変なので食物繊維を摂取するなら水溶性食物繊維が良いです。食べ方では、よく噛んで時間をかけて食べることが大切です。よく噛むことで食べ物が細かくなり、消化しやすくなります。食べる量では、たくさん食べないように注意して少量ずつの食事にします。たくさん食べてしまうと消化に時間がかかり消化不良の原因にもなるので、消化が行いやすいように少量ずつの食事にします。日本には1日3食という観念が存在しますが少量の食事は1日3回だけだと栄養不足になる可能性があるので、1日分の食事を3回以上の回数に分けて食べることが良いとされます。量や回数は状態により異なるので、栄養士や医師に相談をすると食事の予定が立てやすくなります。